タグ別アーカイブ: 脱毛

脱毛の低料金化で学生の脱毛も増えてますという話。

増加する学生の顧客

私の姉は脱毛のエステサロンに勤めているのですが、お客さんの年齢層の広さに驚くと言っていました。
最近の脱毛は、ワキだけだと千円以内で出来ちゃったりするため、学生さんがお小遣いで…というのも多いそうです。
脱毛大学生

親子脱毛も。

私が通っている脱毛エステだと、たまに親子で来店している方も見かけます。
お母さんと娘さん、しかも娘さんは中学生くらいだと思います。
友人いわく、母親が毛深くて苦労した人だと、娘に同じ思いをさせたくないがために脱毛に通わせるのだそうです。
親のお金で学生が脱毛できてしまう、そんな時代なんですよね。
私は通っている脱毛エステで、制服姿の学生さんも見たことがあります。
友人同士で学校帰りにエステで脱毛。

学割脱毛で下がる敷居

何だか、エステの敷居が下がって、羨ましい時代だなぁなんて思いました。
少し前だと、エステサロンは高額で勧誘が怖い…なんてイメージが強かったですからね。
脱毛の低料金化は、色んな年代の女性にとって本当に嬉しいことですね。
学割脱毛

安すぎる脱毛サロン、ジェイエステティックに予約殺到!?

とうとう出た・・・5年サポート付きで、12回両ワキ施術できてたった600円・・・。
これで脱毛サロン業界は儲からなくなるのでは・・・なんて思ってしまうサービスです。



大手サロンからの乗り換えでジェイエステに入会する人がたくさんいるそうです!!
大手サロンは予約がとれなかったり、希望の店舗じゃない場所での施術を余儀なくされますもんね。

ワキ脱毛なんて当たり前の時代になってしまった今、女子大生どうする

ワキ脱毛どころか、両足、両腕くらいはマスト。彼氏がいるなら陰部の脱毛もしなければならない。こうなると、田舎から出てきて色気づいた女子大生は首が回らなくなるのである。いやはや、親から仕送りをじゃぶじゃぶいただける有名私大そこそこのお嬢様はいざ知らず、世帯年収400万円、子二人ともなると奨学金をしっかり借りないと私は大学に行けないわけです。その中でバイトして、泣く泣く脱毛の費用を捻出するか、世に醜態、ええ。まさに醜態をさらけ出すかの選択をとらされるわけですとも。恥ずかしながらこんな私に、彼氏なんてものができた次第には、お床でがっかり落胆させてしまうことだってあるだろう。ムダ毛を放置していたら。かといって自己処理は危険だの、シミになって色素沈着するだの煽りは後を絶たない。調べてみると、脱毛は周期を守って行うことで肌を最大限に守るんだとか。そういう意味でも脱毛サロンに定期的に通うことが全女性の常識みたいになってきてる。ネットが反映するとともに、脱毛サロンもまたたく間に日本中に店舗を拡大した気がする。いや、中学生とか、もっと小さな頃に私が気が付かなかっただけのことかもしれないが。

でも最近、学生でなおかつワキだけの脱毛なら、ジェイエステティックだとか、ミュゼ、エピレを使えばどうやら1,000円そこらで脱毛が受けられるらしい。ツルツルになるまで通い続けてもいいプランも当然のように用意されているとのこと。とても救われた気分だ。きっと経営者は学生にお金がないことをとてもよく理解してくれている方なのだろう。胸ぇ締め付けられるじゃねえか。